株主の数はできる限り少数に

Q

会社の事業価値を最大化するという目的を共有するために、当社に創業期から関わっている人に、株式を保有してもらいたいと考えています。株式のことで失敗しないために、株式発行に関する留意点を教えて下さい。

A

誰に株式を発行すべきか

会社の事業価値を最大化するという目的を共有するため、役員や従業員、家族等に株式を保有してもらいたいという経営者の気持ちはよく分かります。ただ、当初の仲間が様々な理由でチームから離脱することは少なくなく、仲たがいした後に株式を譲り受けようとすると、時として株価等で揉めることがあります。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。