政治経済に今も息づく開拓精神

インタビュー 東京広島県人会会長・大竹美喜会長

北海道に「北広島市」があることが示すように、古くから国内外に活躍の場を求めてきた広島県人。その気風は現在にも受け継がれ、多くのオンリーワン企業や著名人を生み出す土壌となっている。

広島県・湯﨑英彦知事や東京ドーム・林有厚代表取締役など、東京広島県人会の総会・懇親会には、多くの政財界の要人がそろう

広島県人の気風を一言でいえば、開拓者精神が旺盛で、活躍の場を国内外に積極的に求めることだろう。例えば幕末から明治にかけて、県内から移民として多くの人たちが新天地を求めている。当時のハワイでは広島弁が日本語だと思っていたというし、また北海道には今でも県人開拓の歴史として北広島市の名がある。

こうした活躍の場を求める人たちは、同郷人のつながりも大切にしている。東京の広島県人会は戦前からあると聞いているし、私が在住した50数年前、米国カリフォルニア州では、日本人会のメンバーのほとんどが同郷出身者で広島県人会のようになっているという。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り77%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。