道民の寛容さと豊かな食に魅せられて

093_01.png

北海道大学大学院法学研究科・
公共政策大学院准教授 中島岳志 氏

生まれも育ちも関西という中島岳志氏が赴任した北海道。縁もゆかりもなかったよそ者が肌で感じたその魅力とは?

私が北海道に住み始めたのは2006年の夏、前任者が異動になったことで北海道大学大学院への就任が突然決まり、知り合いが1人もいない北海道での生活が始まりました。

それまで、人との付き合いが濃い大阪と京都で生活していたので、札幌みたいな近代的で人工的な都市に住むことになって、これからどうしようと思いましたね(笑)。住み始めて最初の数ヵ月は、隣近所の誰もかまってくれなくて、とにかく寂しかったです。

くすみ書房で広がった人の輪

そんな生活が、半年後に一変しました。「売れない文庫フェア」をやって一躍全国的に有名になったくすみ書房という書店があるんですが、ある時、パーティーで店主と知り合いになり、翌朝一番で書店を訪ねました。それですっかり気が合ってすぐに書店の近所に引っ越したんです。そうしたらくすみ書房を軸に、知り合いの輪が広がっていきました。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り58%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。