2020年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

清潔・安全の新ビジネス

3密を回避、レジャー市場のDX 都市に新しいアウトドア空間

高橋 佳伸(デジサーフ 代表取締役社長)

1
​ ​ ​

コロナ禍による自粛が解除され、屋外のアウトドア空間を求めるニーズは高まっている。しかし、公園や河川敷、海などは基本的に集客のコントロールが難しく、「3密」を防ぐための仕組みづくりが課題だ。こうしたレジャー市場にITを持ち込み、事業を拡大しているのがデジサーフだ。

都市のデッドスペースを収益化

デジサーフの高橋佳伸社長はITエンジニアとして活躍した後、独立して1993年に前身となる会社を設立。自身がサーフィンやスノーボードの競技者だったこともあり、サーファーのための波情報サイトやスキー場で行われるイベントのエントリーサイトなどを展開してきた。そして、2009年にBBQ場の予約システムを開始した。

高橋 佳伸(デジサーフ 代表取締役社長)

「公園や河川敷にBBQ場がありますが、ほとんどがアナログで管理されていて、お客さんは野放し。予約も電話で受け付けていて、手間がかかるので、それをシステム化したいという相談がありました。それで、BBQ場のウェブ予約システムをつくったんです」

デジサーフのBBQ場予約システムは好評を得たが、それはニッチ市場であり、ウェブからの手数料収入だけで大きな成長を見込むのは難しい。そのため、高橋社長はリアルの領域にも進出することを決断。2011年から自社でBBQ場運営をスタートした。高橋社長が目を付けたのは、「都市型」のBBQだ。

「都市公園の中にBBQ場をオープンしたほか、商業施設の屋上にBBQ場を展開しました。例えば商業施設であれば、BBQ場の利用者が他のフロアに立ち寄って食材を買うなど、回遊効果を期待できます。BBQを集客ツールにして賑わいを創出し、都市のデッドスペースを収益化してきました」

デジサーフは、都市の公園や遊休地、商業施設の屋上などをBBQ場として活用。リゾート感のある非日常空間を創出している

デジサーフはBBQ場予約サイトを運営しているため、そこで見込客となるユーザーを集め、リアルへの送客や予約の分散などをコントロールして安全な運営管理ができる。

「レジャー市場において、リアルとITを絡めたビジネスを展開している企業は他にありません。リアルの施設運営は投資負担が重くなりますが、先行者利益を得るために、一気にBBQ市場を押さえようと攻めの戦略を続けました。資金繰りが非常に苦しくなった時期もありましたが、2011年から5年で約20倍の成長を遂げることができました」

コロナ後の成長へ、
コト消費のニーズに応える

現在、デジサーフが運営しているBBQ場は約50施設。立地は都心の公園や芝生広場、河川敷や海岸、百貨店の屋上や郊外の大型商業施設などが中心だ。

残り59%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中