5G参入がアジアで活発化 スマートシティ競争、セキュリティも鍵に

5Gへの進化は、新しい市場機会をもたらすと期待され、利用例は順調に増えている。日本のみならず、アジア太平洋各国で、通信事業者が5Gサービスの実装や実証試験を実施中だ。高いコストやセキュリティへの懸念もあるが、それを解決しつつ実用化を進める価値が5G にはある。

アジェイ・サンダー(フロスト&サリバン ICT部門バイスプレジデント)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り93%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。