クラウド大手がデータを独占する「データ格差時代」に必要な戦略

人工知能の強化を後押しするのは、良質なデータの量である。データを持つものと持たざるものの格差が広がり、クラウドサービス大手が人工知能ビジネスでの存在感を高めている今、日本企業のとるべき戦略とは何か。

「Amazon Echo」はユーザ・データを収集する手段でもある

人工知能が注目されるきっかけとして、2011年に、米国の人気クイズ番組でIBMの自然言語解析技術を駆使した高性能コンピュータの「Watson」が歴代チャンピオンに圧勝したという出来事があった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り92%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。