ファッションや食分野で導入拡大 「感性分析AI」の威力とは

カラフル・ボードが開発した、人間の好みや感性を学習するAI「SENSY(センシー)」。ファッション分野で導入が広がるほか、食分野では2月からは伊勢丹本店でSENSY搭載のロボットがお酒を提案する実証がスタートし、注目を集めている。

伊勢丹新宿本店では、味覚解析AI「SENSYソムリエ」をインストールしたロボットPepperが、来店者の好みを分析し、お酒を提案する実証をスタート

人工知能を搭載したロボットが、店頭で消費者の味覚を解析して、ソムリエのようにぴったりのお酒を提案――。そんな新時代のマーケティング実証が、2017年2月、大手百貨店の伊勢丹新宿本店で始まった。

プロジェクトを主導するのは、感性を学習するパーソナルAI「SENSY(センシー)」を開発するカラフル・ボード。代表取締役CEOの渡辺祐樹氏は、慶應義塾大学理工学部でAIを研究し、コンサルティング会社を経て2011年に起業した。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り84%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。