2016年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 奈良県

着物姿でまち歩きを楽しむ 市民発案の「生駒聖天 参道ご縁市」

鹿谷 亜希子(奈良民俗文化研究所 事務局長)

0
​ ​ ​

生駒聖天の参道のかつてのにぎわいを取り戻そうと、住民が主体となって企画された「生駒聖天 参道ご縁市」。大成功を収めたイベントは、どのように生まれたのか。
文・鹿谷亜希子 奈良民俗文化研究所事務局長

 

今年4月に初開催された「生駒聖天 参道ご縁市」(提供:生駒聖天さんどう会)

「男はつらいよ」の舞台にもなった生駒聖天(生駒山宝山寺、奈良県生駒市)の風情ある石段の参道で、今年4月、第1回「春の参道ご縁市」が開かれた。参道沿いの商店による出店や、着物を皆で楽しく着て参道を歩く「着物あそび」などのイベントが企画され、住民や観光客に大好評を博した。

企画団体の「生駒聖天さんどう会」は、わずか3年で、参道に次々とにぎわいを作り出してきた。そのブレのない活動の源を考えてみたい。

民間人が敷設した百年の参道

最初に、生駒に残る参道の歴史を振り返りたい。生駒駅は今からおよそ百年前の大正3(1914)年、大阪電気軌道(現近畿日本鉄道)が大阪上本町と奈良を結んだ際に開業。県境の生駒山に貫通させた3.4kmに及ぶトンネルの奈良側出口にあり、現世利益で名高い「聖天さん」こと宝山寺の最寄駅として、農村だった場所は瞬く間に発展した。駅から寺までの急坂に約1.5kmの新参道を作ったのは、信者など有志の民間人。以来新参道には各地から人が押し寄せ、数年のうちに旅館や商店が立ち並び、複数の置屋や検番にカフェや劇場までできた。

大正7年には日本初の営業用ケーブルが開通、駅前と宝山寺を結んだ。大正12年に参道沿いの人々が私財を投じて道普請した記念碑も残っており、人の往来を糧にした道が、ぐんぐんと成長した様子が想像できる。

毎年9月に開かれる「生駒聖天万燈会」では、参道から境内まで600基の灯篭に灯りがともる

地域住民で「さんどう会」結成 清掃で参道と向き合う

しかし、往時を知る人が口を揃えて「日曜日の心斎橋よりすごい人やった」と言う参道も、徐々に住宅が増えて、かつてのようなにぎわいは消えてしまった。熱心な信者が多い宝山寺だが、車での来訪者が増え、電車客は減ったからだ。

門前に残っていた旅館も次々と廃業していった2013年、参道で飲食店や旅館を営む30代から50代の若手経営者や住民が中心となり、新たなにぎわいをつくるために「生駒聖天さんどう会」を立ち上げた。(以下さんどう会)

残り69%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中