着物姿でまち歩きを楽しむ 市民発案の「生駒聖天 参道ご縁市」

生駒聖天の参道のかつてのにぎわいを取り戻そうと、住民が主体となって企画された「生駒聖天 参道ご縁市」。大成功を収めたイベントは、どのように生まれたのか。
文・鹿谷亜希子 奈良民俗文化研究所事務局長

 

今年4月に初開催された「生駒聖天 参道ご縁市」(提供:生駒聖天さんどう会)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り96%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。