数字で見るヘルスケア産業 2030年、37兆円規模に

健康寿命の延伸が重要な政策課題となっている中で、運動・スポーツ、栄養管理や食、生活支援などのビジネスも拡大。スマホ、ウェアラブルなどITの進化も、市場拡大を後押ししている。

ヘルスケア産業の市場規模

予防や健康管理、生活支援サービスの充実、医療・介護技術の進化などにより、マーケットは大きく拡大することが予測されている。

出典:日本再興戦略

2030年、医療が日本最大の産業に (産業別就業者数の推移)

高齢化の進展で医療者は増え続け、2030年には、製造業、卸売・小売業を抜いて、医療・介護の就業者数がトップ。医療が、日本経済を左右する重要な産業に。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り66%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。