2014年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

社会イノベーションの起こし方

成長戦略で伸びる中小企業 日本版フラウンホーファー構想に注目

菅原一秀(衆議院議員)

1
​ ​ ​

日本経済の屋台骨である、全国385万の中小企業。安倍政権は成長戦略において中小・ベンチャー企業の育成強化を強く打ち出した。今後注目すべき政策について中小企業政策に精通する、自民党の菅原一秀衆議院議員に聞いた。

――まず、中小企業の経営状態について教えて下さい。2013年3月に中小企業金融円滑化法が期限切れを迎え、倒産が増加するという懸念がありましたが、実情はどうでしょうか。

円滑化法を利用していた30万-40万社は中小企業がほとんどで、期限切れで5万-6万社が倒産するとさえ言われていました。そこでセーフティーネット貸付5兆円、借換保証5兆円と、計10兆円を超える資金繰り対策を実施しました。また、円滑化法を利用した企業に対して、金融機関が融資を断ったり、貸し剥がしが起きることがないよう、関係省庁による指導を徹底しました。この結果、幸いにも当初心配していたほどの倒産は発生しませんでした。

高まる地域金融機関の役割

――金融面については、うまくいっているということでしょうか。

菅原一秀 衆議院議員

現状ではまだ不十分であり、今後大きく変わるべきだと考えています。最も重要なのは、金融機関の目利きの力を高めることです。

グローバルニッチトップ企業100選に入るような、世界に通じる商品力、製品力、開発力を持つ中小企業はたくさんありますが、資金力がなくて実を結ばないということも多いのです。一方で、いわゆるゾンビ企業のような、将来に向けて挑戦せず、ただ注射(融資・補助金)を打たれることで存続する中小企業も存在します。アメリカなどでは企業の開業・廃業率が10-15%ですが、日本の場合は4-5%と、非常に低い。企業の新陳代謝をきっちりと上げないといけません。

残り69%

1
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる