未開拓の健康情報を個人に開放

健康情報について、自身の経年変化や同年代平均値を「見える化」することで、健康無関心層にも、気づきを与えるサービスを提供するウエルネスデータ。星野社長は金融業界から転身し、新たな市場を開拓する。

星野栄輔 ウエルネスデータ 代表取締役社長

健康診断を受け、その結果を見ても生活習慣を改善することはなく、病院にも行こうとしない。忙しいビジネスパーソンの大半は、そのような行動をとっているのではないだろうか。

しかし健康診断の数値を、同年代の平均値やこれまでの自分のものと比べることができれば、自分の健康状態を「自分ごと」として理解しやすくなる。そうした水準値や自分の経年変化を手軽に確認し、将来の健康リスクなどを分析できるのが、ウエルネスデータが昨年7月にリリースしたウェブサービス『wellcan(ウェルキャン)』だ。

ベンチャーキャピタルから転身

自分の健康データを100万人データと照らし合わせて健康づくりのヒントを得る健康管理サイト「wellcan」。健診値と肥満度や関係の深い病気を組み合わせて、同年代・同性別における自分の位置を分析

『wellcan』では、100万人からなる医療費の請求書であるレセプトデータと健康診断データをビッグデータとして活用することで、自分の健康診断データを様々な角度で検証することが可能となっている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。