「中部州」の顔としての名古屋へ

2027年のリニア中央新幹線の東京〜名古屋間開通もひかえる名古屋駅。新たな高層ビルも続々と建設が進み、活況を呈している。その未来を名古屋駅地区街づくり協議会の神尾隆会長に聞いた。

神尾 隆 名古屋駅地区街づくり協議会会長

リニア開通を見据え、中部の可能性を深耕

「名古屋駅地区街づくり協議会」は名古屋駅という限られた地区だけにとらわれず、広域の中部圏への広がりも念頭におきながら、名古屋駅地区のグランドビジョンを提言しています。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り92%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。