まちに新たな「にぎわい」の創出へ

工事が進む広島市民球場の跡地

今、広島の街が大きく生まれ変わろうとしている。

1945年8月6日、市の中心部上空約600mで炸裂した1発の原子爆弾により、最盛時の人口約42万人を数えた市は一瞬にして焦土と化した。その後、57年には復興のシンボルと言われた旧広島市民球場が完成。61年には広島空港(現広島ヘリポート)開港、64年には山陽本線全線電化開通と、徐々に都市機能を回復し、同年には人口50万人を数えるまでとなった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。