2013年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

広島県 地域未来構想

まちに新たな「にぎわい」の創出へ

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

工事が進む広島市民球場の跡地

今、広島の街が大きく生まれ変わろうとしている。

1945年8月6日、市の中心部上空約600mで炸裂した1発の原子爆弾により、最盛時の人口約42万人を数えた市は一瞬にして焦土と化した。その後、57年には復興のシンボルと言われた旧広島市民球場が完成。61年には広島空港(現広島ヘリポート)開港、64年には山陽本線全線電化開通と、徐々に都市機能を回復し、同年には人口50万人を数えるまでとなった。

残り86%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる