新市場を創造するカルビーのDNA

創業者の時代、瀬戸内海の小エビを使った「かっぱえびせん」で大ヒットを飛ばし、全国区の企業へと成長を遂げたカルビー。グローバル企業を目指す今も、同社は変わらない理念を持つ。

カルビーの広島工場・東棟。工場見学も開催している

広島発祥のオンリーワン・ナンバーワン企業は数多い。その一つが、スナック菓子の最大手・カルビーだ。「ポテトチップス」、「じゃがりこ」、「かっぱえびせん」などを主力商品に、スナック菓子で国内シェア50%超を誇る。

同社は1949年、松尾糧食工業として設立された。社名に「カルビー」と付いたのは、55年である。「カルビー」とは、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語である。そこには、「お客様の健康に役立つ商品づくりを目指す」という思いが込められていた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り67%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。