京都の観光資源を活かす、ソフトの力

古都京都で、地域分権社会の都市のあり方を模索する動きが活発化している。動きを牽引するメンバーのひとり、京都銀行会長の柏原康夫氏に話を聞いた。

日本の資源は何かと考えたとき、「観光」は産業振興の柱となりうる重要な資源だ。豊かな自然、歴史が生み出した建造物や史跡、文化財など様々な観光資源があるなか、とりわけ古い歴史をもつ古都にとっては、経済が低迷する苦しい今こそ、その価値を最大限に引き出し活用すべきだろう。世界有数の歴史都市・京都ではまさに、観光を中心に地域産業を振興するための動きが進んでいる。

ゴールは30年後の「ありたい姿」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。