音楽を売らずにCDを売る

idol_1.jpg

世界的に音楽不況と言われる中、日本のCD市場が急激な回復を見せている。2011年には、史上初めてアメリカを抜き世界一となり、2012年には7年ぶりに前年比120%という成長市場への転換を果たした。その立役者がAKB48を筆頭とするアイドルたちであると言ったら驚くだろうか。今や日本の音楽市場の実に4分の1が、AKBとその関連グループから生み出されている。

「AKB48」や「ももいろクローバーZ」などメディアを賑わすトップアイドルだけでなく、全国のアイドルは100を超え、47都道府県すべてで何らかのアイドルが活動している。話題や経済効果を含め、エンタテイメント業界を中心に一大産業になりつつある。

市場を10倍にした「握手会」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。