スーパーシティ バルセロナのまちづくりに学ぶ思想と実践

スマートシティとして世界的に知られるスペイン・バルセロナ。街中のセンサーによるデータを都市運営に活用し、省エネや省資源・効率化を実現している。当地での都市計画に携わった経験をもつ東京大学の吉村有司氏は、バルセロナの先進性には技術以前の要素があると指摘する。

吉村 有司(東京大学 先端科学技術研究センター 特任准教授)

データ分析を活用したまちづくり

建築家でありながら、博士号をコンピュータ・サイエンスで取得している吉村氏。建築家としての都市計画の知見とデータサイエンティストとしてのビッグデータを扱う技術を融合し、新たなまちづくりの手法である〈アーバン・サイエンス〉をテーマに、研究を進める。ビッグデータやAIを用いた歩行者分析の分野では世界的な注目を浴びる、「データを用いたまちづくり」の第一人者でもある。

吉村氏は、2005年にバルセロナ都市生態学庁に勤務。以降10年あまり、バルセロナの都市計画に携わってきた。

スペインでは、1970年代にはすでに個人IDカードが整備され、90年代には日本のマイナンバーのような仕組みで医療機関などでの情報共有が実現していた。バルセロナでは、吉村氏が都市生態学庁に勤務していた2005年頃から、地理情報システムの活用やセンサーを用いた実証実験などが活発に行われ、データ分析により市民生活の質を改善していく取り組みが行われていたという。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。