中央日本土地建物の共創 長期視点で、地域が望むまちづくり

日本土地建物と中央不動産が経営統合し2020年4月に誕生した中央日本土地建物グループ。総合不動産グループとして、あらゆるステークホルダーとともに未来を共創する。都市開発、オフィス、住まい、不動産ソリューションなど、幅広い同社の事業について平松哲郎社長に聞く。

平松 哲郎(中央日本土地建物グループ 代表取締役社長)

虎ノ門エリアの再開発に注力

中央日本土地建物グループは、日本勧業銀行に系譜をもつ「日本土地建物」と、渋沢栄一が設立した第一銀行に系譜をもつ「中央不動産」が経営統合し、2020年4月に誕生した総合不動産グループだ。企業理念は、「人と社会に安心と感動を。ともに考え、ともに創り、ともに未来へ」。都市開発事業や「BAUS」ブランドを展開する住宅事業のほか、不動産ソリューション事業や資産運用事業、「レイクウッドゴルフクラブ」を擁するゴルフ事業と幅広い事業を展開する。

「企業文化として、信頼を第一にお客様のニーズに誠実に向き合い、リレーションを大事にしながら、ともに事業を進めていくことを得意としています」と同社社長の平松哲郎氏は話す。

中央日本土地建物グループでは現在、本社を構える虎ノ門エリアのまちづくりや地域と連携した活動に積極的に取り組む。同グループが事業推進パートナーの幹事企業として推進するビッグプロジェクト「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」では、虎ノ門エリアの国際競争力を強化する都市機能として、ビジネス交流拠点「(仮称)虎ノ門イノベーションセンター」の整備を計画している。

同センターは、社会課題解決に向けた官民連携の交流機能を担う「ソーシャルイノベーションハブ」、新規ビジネスの創出機能を担う「インキュベーションハブ」「クリエーションハブ」の3つの施設に加え、ビジネスに係る多様な交流を促進するカンファレンスと交流ラウンジで構成する予定。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。