2021年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 群馬県

数字で見る群馬県 自動車や食料品などの製造業が経済を牽引

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

自動車をはじめとする輸送用機械や、業務用機械、食料品などの製造業がリードする群馬県。農業も盛んで、半世紀にわたって全国1位のキャベツを筆頭に、生産量上位の農産物が多くある。「免許取得率」や「自動車1台当たり人口」が全国1位という、全国屈指の車社会であることでも有名だ。

群馬県の人口推移

2000年を境に人口減少が続いており、2045年には155.2万人になると推計されている。総務省統計局「人口推計」(2019年10月1日)によれば、群馬県の人口は全国18位、社会増加率は0.05%であったが自然減少率が上回り、人口増減率は-0.50%であった。年齢3区分別人口の割合を見ると、15歳未満と15~64歳の割合が全国平均を下回っている。

出典:REASAS

 

群馬県内の地域別
代表交通手段構成比

群馬県は、「免許取得率(対総人口)」「女性免許取得率(対女性人口)」「自動車1台当たり人口」が全国1位、「自動車保有台数(1世帯当たり)」が全国5位。県民の自動車利用割合が非常に高く、公共交通機関の利用割合は3%に満たない。特に地形・気候の特性で自転車が利用しにくい北毛地域で、自動車利用割合が高い傾向にある。県では今後の高齢化社会に向けて、自動車以外の移動手段を確保するため、住民互助によるボランティア運送や相乗り、公共交通の利便性向上、公共交通を軸としたまちづくりを進める「群馬県交通まちづくり戦略」に取り組んでいる。

出典:群馬県

 

残り28%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中