2021年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

我が社の構想

売上高過去最高の新日本製薬 新たな価値を創造し続け、世界へ

後藤 孝洋(新日本製薬 代表取締役社長)

0
​ ​ ​

ヘルス&ビューティーの分野で「新しいライフスタイルの提案」を掲げ、事業を展開している新日本製薬。コロナ禍の2020年でも売上高は過去最高に達し、東証一部への上場を果たした。来年創立30周年を迎える同社の歩みと成長の秘訣、そして将来に向けた戦略について、後藤社長に話を聞いた。

後藤 孝洋(新日本製薬株式会社 代表取締役社長)

3つの強みを活かして成長し
創立28年で東証一部上場

1992年、福岡県で生活用品の企画販売会社として創立した新日本製薬。健康食品から化粧品、医薬品と事業領域を広げ、現在は化粧品の売上が9割以上を占める。主力のスキンケア商品「パーフェクトワン オールインワン美容液ジェル」は、オールインワンスキンケア市場で2016年から4年連続国内売上ナンバー1を獲得。コロナ禍にも関わらず、2020年9月期に売上高337億円と過去最高を記録し、同年12月には東証マザーズから東証一部に市場変更するなど、快進撃を続けている。

主力のスキンケアブランド「パーフェクトワン」

創業3年目の1995年に入社した代表取締役社長の後藤氏は、「まだ社員20人足らずで年商2億円ほどの会社でしたが、通信販売を始めたばかりで夢と希望があふれていました」と当時を振り返る。100億円企業を目指し、それを達成した2005年に、後藤氏は34歳で社長に就任した。同社が順調に業績を伸ばしてきた背景には、主に3つの特徴があるという。1つは、オールインワンという新たな市場を開拓したことだ。

「2000年代前半は、化粧水、乳液、美容液、クリームなどをライン使いで1つずつ利用されることが基本でした。しかし当社は、洗顔とピーリングが一緒にできる石鹸から始まり、化粧水・乳液・美容液・クリームなどスキンケアのいくつもの機能が1つになったオールインワンジェルを開発。これらは簡単なのに効果的なケアが可能で、価格も手頃ということで多くの方に選ばれ、主力商品になりました」

2つ目の特徴は、リピート率の高さだ。同社の売上の9割強が通信販売で、新聞や雑誌、テレビなどを活用しながら全国に認知を広げた。

「これまで520万人以上の方にご利用いただいています。お客様と丁寧にコミュニケーションを取り、生の声を集めて商品やサービスに活かすデータベースマーケティングを行っており、全売上の9割以上がリピートのお客様となっています」

残り66%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中