2020年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

後継者が挑む 新事業のつくり方

後継者の新ビジネス 深化と探索が生むブレイクスルー

難波 和秀(流通経済大学 経済学部/大学院 経済学研究科 准教授)

0
​ ​ ​

事業承継を第二創業、イノベーションの機会とするためには、何が重要になるのか。アントレプレナーシップと事業承継を研究する流通経済大学・難波和秀准教授は、「深化」と「探索」という視点を提示し、その2つのバランスの中でイノベーションが生まれると説く。

難波 和秀(流通経済大学 経済学部/大学院 経済学研究科 准教授)

――ファミリービジネスの新事業開発に向けて求められるアントレプレナーシップ(企業家精神)の特性や特徴について、どのように見ていますか。

難波 現代社会において、アントレプレナーシップを発揮し、イノベーションを実践することはますます重要となっています。アントレプレナーシップを発揮した事業創造のプロセスは、「事業機会の認識」、「事業ドメインの定義」、「必要資源の獲得と動員」の段階に大きく分かれます。

一般のベンチャー企業は、ゼロベースに近い状態で事業機会の認識を行い、事業ドメインを新規に定義し、必要資源を新規に獲得し動員します。これに対して、ファミリービジネスの新事業開発は、制約を含めて既存事業との関係も考慮しながら事業機会を認識し、事業ドメインを再定義し、既存資源を中心に活用し動員します。

このようにファミリービジネスの特徴は、安定した既存の事業と経営資源が既に存在していることです。また、長期的視点でアントレプレナーシップを発揮できる点もファミリービジネスの特徴です。

 

事業承継プログラム

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中