2020年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

DXで見る新事業 100選

成功するモバイルDXとは アプリデータ分析・調査で考える

向井 俊介(App Annie Japan 代表取締役)

0
​ ​ ​

アプリの利用データと分析の世界的なプラットフォームを提供するApp Annie。世界では、新しい価値を創造するデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む。日本の新たなサービスの設計では、海外の様々な成功例からヒントが得られそうだ。

向井 俊介 App Annie Japan代表取締役

米・サンフランシスコに本社を置き、世界12都市で事業展開するApp Annie(アップアニー)は、モバイルのデータと分析のプラットフォームを提供している企業だ。具体的には、世界中のアプリのダウンロード数や収益額、利用人数や利用時間などのデータを集めている。世界の1000社以上の大手顧客と100万以上の登録ユーザーが、このデータを様々な形で利用している。モバイルアプリは人々の生活に密着し、日々の暮らしを急速にデジタル化している。そのデータを集め、分析するのが同社のビジネスといえる。

App Annie Japan代表取締役でカントリーディレクターの向井俊介氏は、「DXの定義は、この言葉を使う人によって微妙に異なります」と指摘する。「例えば、経済産業省による定義は、ビジネスモデルや組織、業務プロセス、企業文化、風土の変革です。これに対し、私たちの定義は『マーケティング4.0』と似た概念で、その目的は価値の創造にあります」。

金融アプリ、フィンテックアプリの平均MAUの成長率(2018~2019年)


従来型の金融アプリとフィンテックアプリの比較。2019年、ペイメントサービスに代表されるフィンテックアプリの月あたりユーザー数(MAU)は日本国内において大きく成長した

出典:App Annie

 

「ヘルスケアとフィットネス」アプリの利用時間と支出額の増加(2017~2019年)


食事やトレーニングの管理、歩数の記録などのヘルスケアアプリへの支出は全世界で15億ドルにのぼる。日本でも利用時間は増加中

出典:App Annie

 

スマホ介したMaaSが普及

向井氏によれば、現在、世界レベルで成長し、新たな価値を創造しているモバイルDXの1つが、MaaS(サービスとしての移動)だ。世界中でモバイルアプリを経由するライドシェアサービスが使われるようになったことで、2つの大きなトランスフォーメーションが起きている。

残り65%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中