「AIの首都」シアトルの最前線 人と資金を引き寄せる理由

AIの研究開発で世界の最先端を行き、「AIの首都」とも表現されるワシントン州シアトル。企業・大学・スタートアップによるエコシステムはどのように形成されたのか。そして、日本企業にはエコシステムに参画するチャンスはあるのか。

江藤 哲郎(イノベーション・ファインダーズ・キャピタルCEO)©︎Naonori Kohira

テクノロジーとイノベーションの聖地と言えば、シリコンバレーを思い浮かべる人が大半だろう。しかしその常識は崩れつつある。AI関連の研究所やスタートアップが集まるワシントン州シアトルの存在感が急速に高まっているのだ。

「アメリカのエンジニアに対するアンケート調査によれば、『次に生活拠点を移して仕事をしたい都市は』という設問では、シアトルがダントツの1位です。実際、シアトルにはシリコンバレーそして世界中から、続々と人と企業が押し寄せてきています」と話すのは、イノベーション・ファインダーズ・キャピタル(IFC)の江藤哲郎CEOだ。IFCはシアトルと日本を結び、現地企業と日本企業のオープンイノベーションを支援するVCである。

シアトルはボーイング創業の地として航空宇宙産業クラスターが形成され、コストコやスターバックスなどの小売業も本社を置く。そして1990年台以降はマイクロソフトやアマゾンなどのIT企業が大きく成長してきた。2015年のデータでは、シアトルのIT産業従事者は約17万5,000人と、航空宇宙産業を上回る。

シアトルのアマゾン本社

近年では、グーグルやセールスフォース、メルセデス・ベンツ、Uberなど多くのグローバルブランドがAI関連の研究開発拠点をシアトルに設立。続々とAIスタートアップがシアトルから生まれ、それらを支援するVCやインキュベータの活動も活発である。

アマゾンとマイクロソフトの支援

シアトルのAIエコシステムはどのように形成されてきたのだろうか。江藤氏はいくつかの要因を挙げる。

最大の要因は、クラウドサービスとAIエンジンで世界1・2位を占めるアマゾンとマイクロソフトが、AIスタートアップの支援と囲い込みを強力に推進していることだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り70%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。