応募は定員の7倍 「地域通訳案内士」を育てる京都市の戦略

2018年1月、通訳案内士法の規制緩和が実施された。外国語を使用できるガイドは、訪日客の満足度向上において重要な意味を持つ。京都市の活用事例を紹介する。

「通訳案内士」はスマートフォンアプリやガイドブックでは伝えきれない地域の魅力を、コミュニケーションを通じて訪日客に届ける能力を持つ。現在さまざまな自治体が地域通訳案内士の育成を始めている(写真はイメージ)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り96%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。