2018年4月号

報告・第2回DMO全国フォーラム

広大な砂浜がトレーニング場 サッカー練習で地域活性化

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

村上健太郎 NPO法人砂浜美術館 理事長

2011年度からサッカーを中心にスポーツツーリズムによる観光まちづくりを進める高知県黒潮町。合宿の誘致と、地元の観光資源を組み合わせた誘客について、NPO法人砂浜美術館理事長の村上健太郎氏が紹介した。

黒潮町は、高知県の西南地域に位置する。高知県立土佐西南大規模公園のスポーツ施設や、雨が少ない温暖な気候、延長4kmにわたる名勝・入野松原海岸(左下写真)を生かして、サッカーなどの合宿誘致に力を入れ、スポーツツーリズムによる宿泊者数は、2011年度の延べ357人から、2016年度には8500人以上に増加した。既存の天然芝のグラウンドに加え、2017年7月には人工芝のグラウンドを整備。砂浜美術館は指定管理者として、これらのグラウンドを管理運営している。

合宿・大会の誘致では、助成金取得のサポートから、お弁当の手配、練習相手の調整なども引き受ける。また、地元事業者と協力し、合宿で訪れた人を、天日塩づくりの体験や、土佐鰹を提供する飲食店など、地域の他の観光資源に誘導する試みも実施している。「スポーツを介した観光振興は成功しており、オンシーズンには、町内の宿泊施設だけでは間に合わないほど。現在の課題は通年観光化」と、村上氏は話した。

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる