世界中から「なくすを、なくす」 世界最小クラスの紛失防止タグ

警察白書によると、全国で発生している落とし物は年間約2500万点。「落とし物をなくすこと」には、大きなニーズがある。そこに目をつけのが、MAMORIO。位置情報を使って、落とし物を見つけ出せる仕組みを世界に広げようとしている。

増木 大己(MAMORIO 代表取締役 CEO)

IoTタグ『MAMORIO』を取り付けておけば、落とし物をした時、スマホに通知が届いて「いつ、どこで」落としたのかがわかる

MAMORIO(マモリオ)は2012年7月、増木大己代表が設立。同年8月、落とし物専用のポータルサイト『落とし物ドットコム』を開設した。

「落とし物の情報は、警察や鉄道会社、商業施設などが分散して持っていて、探しづらくなっています。そこで、モノをなくした時に、最初に見るようなサイトをつくりたいと考えました。まずは自分が便利だと思うものをつくったのがスタートです」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。