無店舗・無在庫のフルオーダー呉服商 ベンチャーが旧弊に挑む

一点物の高級呉服を手掛けながら、従来にない低価格を実現。古い体質も残る呉服業界に参入した起業家が、独自の事業モデルをつくり上げ、着物文化を多くの人に広げようと奮闘を続けている。

原 巨樹(二十八 代表取締役社長)

控え目な態度と気さくな口調に、向き合う相手への心遣いが垣間見える。伝統ある京呉服の世界へ単身飛び込み、「日本人全員のタンスに着物を」のビジョンを掲げて奮闘するのは、二十八(ふたや)の原巨樹社長だ。

江戸時代から昭和30年代頃まで、京友禅の高級な着物は一品受注生産の業態であり、その意味では「パーソナライズ、カスタマイズ」できる生産体制が残っているとも言える。しかし、受注生産に対応できる呉服店は皆無に近い。

二十八の独自性は、そこに新たなビジネスモデルを導入し、多くの人に広げていく試みをしている点だ。完全受注生産の高級呉服を手掛けながら、型破りな低価格で新たな市場を開拓している。

中間コストを省くことで、最高級の京友禅をリーズナブルな価格で提供することが可能になった

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。