2017年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

新規事業 成功のポイント

地域と連携、0→1を「代行」 イトーキの新規事業開発支援

戸田 裕昭(イトーキCSW事業部統括プロデューサー)

0
​ ​ ​

イトーキがリバースプロジェクトと連携し2017年に立ち上げた「CSW事業」。社会課題解決の前に必要な自身の「志」を発見するための人財育成から、多様なメンバーとの共創、事業開発の代行までを行う、意欲的なプログラムだ。

戸田 裕昭(イトーキCSW事業部統括プロデューサー)

オフィス家具大手のイトーキはこれまで、国産の木材や間伐材を用いたEconifa(エコニファ)事業、働きながら心身の健康増進を促すWorkcise(ワークサイズ)事業など、さまざまな新規事業に取り組んできた。

 同社が伊勢谷友介氏率いるリバースプロジェクトと連携し、2017年1月にスタートしたのが「CSW(Corporate Social Will)事業」だ。さまざまな企業の新規事業開発をサポートするために、人財育成、事業アイデアの発掘、さらに事業開発の0→1の代行をするプラットフォームである。「目的は新規事業開発の壁を取り払うことです」と、CSW事業部統括プロデューサーの戸田裕昭氏は話す。

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる