数字で見る小売・飲食業 成熟化する140兆円の巨大市場

小売・飲食は成熟産業とも言われ、人口が減少する中で、激しい競争が行われている。しかし、日々の暮らしに密着したそれらの産業は、日常の消費に支えられて、巨大なマーケットとなっている。

小売業の市場規模は140兆円

小売業は、約140兆円もの巨大なマーケット。内訳を見ると、「その他」の分類が96兆円でもっとも大きく、担い手には小規模事業者が多い。

(出典)経済産業省「平成27年小売業販売を振り返る」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。