2016年10月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方創生の検証と対策

定員の3倍の入居希望が殺到 民間100%出資の移住定住拠点とは

飯倉 清太(NPOサプライズ代表)、古藤田 博澄(古藤田商店代表取締役社長)

2
​ ​ ​

静岡県・伊豆に3月にオープンした移住定住拠点「ドットツリー修善寺」が話題だ。行政の補助金に頼らない、民間出資100%のプロジェクトであり、オフィス付きの賃貸住宅12棟すべてに入居者が決定。成功の要因を探った。

伊豆・修善寺に、2016年3月にオープンした「.tree修善寺(ドットツリー修善寺)」。市内外から移り住んできた事業者が、行政や金融機関とのビジネスマッチングや広報企画などの幅広い経営支援を受けながら、新しいビジネス創出を目指している

経営支援付きの住宅+オフィス12社が連携し新事業に挑戦

温泉地として有名な伊豆・修善寺に、2016年3月にオープンした「.tree修善寺(ドットツリー修善寺)」。12棟の2LDKメゾネット住宅と小規模オフィスが建ち並ぶ、コンセプト賃貸物件だ。敷地内にはバーベキューやマルシェ開催にも使える芝生のフリースペースもある。

ここで暮らし、働いているのは、伊豆市内外から移り住んできた観光事業者やITエンジニア、一級建築士などの多彩な才能たち。行政や金融機関とのビジネスマッチングや広報企画などの幅広い経営支援を受けながら、入居者同士のコラボレーションが活発に行われている。

ドットツリーは、地元の建設資材会社の古藤田商店がオーナーとなり、NPOサプライズがプロジェクトデザインを担当。移住定住促進と産業育成という、本来ならば行政が担う役割を、100%民間出資で実現しつつある。

「ドットツリーの入居は1業種につき1社に限定しています。これは、入居者同士が競合せず互いに仕事を融通し合える環境をつくるため。12社が経営資源を補いながら一体となり、“伊豆の総合商社”としてさまざまな新ビジネスにチャレンジし、共に成長し、地域を豊かにしていきたい」と、NPOサプライズの飯倉清太代表は話す。

残り81%

2
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる