世界のTech系スタートアップが狙う、医療・ヘルスケア新市場

高齢化や人口増、中間所得層の拡大などを背景に、世界中で医療・ヘルスケアのマーケットは拡大している。各国の技術系ベンチャーによる最新のビジネスアイデアをレポートする。

6月に開催されたアジア・アントレプレナーシップ・アワード2016では、医療・ヘルスケア分野の技術系ベンチャーが注目を集めた

世界14の国と地域から、技術系ベンチャーが集結してビジネスプランを競う「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2016」(主催:一般社団法人フューチャーデザインセンター、共催:三井不動産、日本経済団体連合会等)が、6月に東京と千葉で開催された。

IoT、ディープラーニング、バイオテクノロジー、交通インフラ、教育、食品など幅広い領域から27社がエントリーしたが、最終プレゼンテーションで目立ったのは、医療・ヘルスケア分野の事業アイデアだ。

背部痛を緩和する新技術

台湾のGimer Medicalは、背部痛という市場に着目した。背中の痛みは軽度から重度のものまであり、世界で約5000万人の患者が存在するという。薬剤による痛みの緩和や手術など、治療方法は様々だが、慢性背部痛の治療法としては1960年代にSCS(脊髄刺激療法)が開発された。これは電極を脊髄近くに埋め込み、電流による刺激で痛みを緩和するシステムだ。Gimer Medicalが開発したのは、画期的なSCS治療器「ニューロブロック」である。

Gimer Medicalは背部痛緩和の画期的なシステムを開発(同社HPより)

「従来のSCSは10キロヘルツ以下の周波数を使うのに対して、ニューロブロックは200-800キロヘルツの周波数を使用します。この非常にユニークなパラメーター設定を発見できたことが私達の強みです」とGimer Medical のSharon Fan氏は話す。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り69%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。