安心院発グリーンツーリズム 「農家泊まり」に年1万人が来訪

農村民泊(農泊)で都市住民と農村住民との交流を図る、「安心院方式」のグリーンツーリズムの発祥の地、大分県宇佐市安心院町。県や国をも動かした安心院町の「グリーンツーリズム」は、全国の見本となっている。

寒暖の差がある安心院盆地は、ブドウの名産地

大分県北部に位置し、盆地を中心に緑豊かな自然が広がる宇佐市安心院町。昔から米やブドウをはじめとする農業が盛んだったが、人口が減り、高齢化が進むなかで、ブドウ農家の宮田静一氏は、「土からモノを作るだけの農業では食べていけない」と立ち上がった。

宮田氏は、全国に先駆けた安心院町のグリーンツーリズムの立役者だ。都市住民を農村家庭でもてなし、家庭の一員として農作業や料理、食事を一緒にしながら、農村のありのままの暮らしのなかで交流するのが「安心院方式」の農家民泊(農泊)である。

1996年当初、安心院に訪れた人は80人だったが、現在は国内外からの視察も含め年間約1万人が訪れ、温かい心と心の交流が広がっている。

宮田静一 NPO法人 安心院町グリーンツーリズム研究会 会長
NPO法人 大分県グリーンツーリズム研究会 会長

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。