2014年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

強い"企業理念"

デザインの源泉は経営にあり

田子學(MTDO代表取締役 アートディレクター/デザイナー)

1
​ ​ ​

デザインをすることは、企業のブランドや理念、存在価値を問い直すことでもある。数々のプロダクトを手掛けるデザイナー・田子學氏は、「デザインこそ経営である」と、デザイン・マネジメントの重要性を語る。

  

キョーワナスタのランドリー商材ブランド「nasta」。コンセプトは「ハレのある洗濯」。洗濯は退屈なものであるという価値観を転換。洗濯によって気分をリセットし、明日につなげる、希望を感じさせるもの、という思いが込められている
©KYOWA NASTA Co.,Ltd

一見、北欧のインテリアブランドかと思うほど洗練されたデザインの洗濯クリップや物干し、ハンガーといったランドリー商品の数々。現代のライフスタイルの変化に合わせた機能性も備え、洗濯の時間が楽しくなるようなアイデアが実現されている。これらはすべて、85年の歴史を持つ老舗の住宅金物メーカー「キョーワナスタ」の新商品だ。

住宅着工数は頭打ちの状況にあり、住宅金物業界の下請けメーカーは、厳しい経営環境に直面している。そうした中で、キョーワナスタは、自社が80年培ってきたものを終わらせたくないという自負や誇りを持つ社員たちが、熱意を持って次につなげる何かを模索していた。

田子 學
MTDO代表取締役
アートディレクター/デザイナー

企業 わるデザイナー、MTDO(エムテド)代表・田子學氏に声がかかったのはそんな時だ。

田子氏は多くの企業に関わる中で、モノをデザインするだけでなく、「この会社はどうあるべか」、「この会社と関わると、人はどのように幸せになれるのか」といった視点こそ、ブランドの存在価値を問い直すためには必要だと感じるようになった。

残り66%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる