2014年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

アイデアが生まれる瞬間

「板書力」が会議を変える

池田千恵(CONECTA代表 図解化コンサルタント)

3
​ ​ ​

会議やブレストで良い意見が出ても、その後につながらないことは多い。そうした課題を解決する手法の一つが、議論を「見える化」することだ。「見える化」の「型」を使いこなすことで、創発的な場をつくり出すことができる。

ホワイトボードを活用する場合は、「型」の横に3分の1くらいスペースを空け、箇条書きで意見を書き入れる欄を作る。ここに、会議で出た意見を書き出した後、「型」にそれらの意見がどこに入るかを考え、マッピングしていく

「ブレストで良いアイデアが出ても、結局無難な案にまとまってしまう」

「『じゃ、そういうことで』で終わったけど、この後一体、誰が、いつまでに、何をすればいいのだろう?」

会議やブレストが、行動や問題解決に繋がらないと悩むビジネスパーソンの声を多く聞きます。お互いの貴重な時間を使って集まり、一人ひとり良い意見を出し合っているのに、なぜ集合知をうまくまとめられないのでしょうか。そこには「伝える」と「伝わる」の理解のズレがあります。

見える化でズレを埋める

自分が考えていることを間違いなく相手に届けよう、という意思をもった行動が「伝える」です。一方、相手が「分かった」と納得して、なんらかの行動を起こすまでが「伝わる」です。「伝える」こと自体はゴールでなくプロセスに過ぎず、「伝えた」という事実は「伝わった」という保証にはなりません。

残り80%

3
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

バンダイ・大ヒット『もじバケる』開発は20代女性!世界の共感呼んだデザインの秘訣

地域商社が「稼ぐ」力をつくる 地方創生の切り札に

Uber、日本でも攻勢へ ライドシェア(相乗り)で地域を変える

田舎発「地デザイナー」という考え方

「今、売れているもの」を追わず 世界が認めた「独創の糸」

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる