集う・体験する・交わる場で共創を生む 住友化学の共創ラウンジ

共創やオープンイノベーションを目的とした場が増加する中、住友化学が本社移転に伴い2021年に日本橋に開設した「SYNERGYCA(シナジカ)共創ラウンジ」(以下、SYNERGYCA)が、2022年度グッドデザイン賞を受賞した。技術・研究企画部担当部長のクナップ カルロス氏に経緯と成果を聞いた。

文・矢島進二(日本デザイン振興会 常務理事)

住友化学 技術・研究企画部 SYNERGYCAメンバー。
左から白石 直子氏、大井 伸夫氏、吉兼 芙美子氏、クナップ カルロス氏、松見 志乃氏、大藤 柚氏

本社移転を機に
共創ラウンジを整備

住友化学は1913年に創業した日本を代表する化学メーカーだ。現在は、エッセンシャルケミカルズ、エネルギー・機能材料、情報電子化学、健康・農業関連、医薬品の5事業分野にわたり、幅広い産業や人々の暮らしを支える製品をグローバルに供給している。

クナップ カルロス氏は、1998年にスペインから来日し、筑波の産業技術総合研究所に留学後、2000年に住友化学に入社。固体触媒の研究と事業部門の企画に従事した後、現在はコーポレート部門でSYNERGYCAのダイレクターを担っている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。