丸善CHI VS ブックオフ 書籍市場縮小の中で次の一手は?

コロナ禍の中、長くなった在宅時間に書籍との関わりも増えたせいか、2020年の出版市場は、電子書籍が順調に普及、2年連続で拡大した。今日的な書籍流通のあり方を追求する大手2社の直近の動向を見る。

電子化の波の中で進化を続ける、ブックサービス2社

コロナ禍は、私たちのライフスタイルにも大きな影響をもたらした。在宅時間の増加とともに、本に親しむ時間が多くなったという人もいれば、居住空間の整理整頓にいそしんで、本やDVDなどを大量に買取に出したという人も多いかもしれない。

実はコロナ禍が始まる前の2019年から、出版市場規模(推定販売金額)はプラス成長に転じ、2020年は前年比48%増の1兆6188億円となっている。紙の書籍・雑誌はそれぞれ約1%減だった一方、電子出版がコミック類を中心に28%伸長した。本のあり方、本との接し方がいろいろな意味で変化するなか、関連企業はどう対応しているのか。老舗の丸善CHIと、買取・販売のブックオフの動向を見てみよう。

丸善CHIは現在、丸善ジュンク堂、図書館流通センターなどの主要4社を中心に、「知の生成と流通に革新をもたらす企業集団」を標榜する。2021年1月期決算では、売上高が約2.6%減の1716億円だった一方、営業利益は12.4%増の38億円となった。事業別で伸びたのは図書館サポート事業と出版で、図書館サポート事業では受託館数の増加や業務効率化の効果から、売上高が9%、営業利益が21.9%と大きく伸長している。出版事業では、巣ごもり需要の拡大で児童書の売上が伸び、大学のオンライン授業の影響で、教科書、参考図書などの売上が伸びた。今後は、電子書籍、電子図書館の導入拡大、地域資料のデジタル化拡販、大学教科書のオンライン販売促進などが大きな柱になっていくと見られる。

ブックオフは、1990年の直営1号店開業以降、本やCDから、衣料、アクセサリーなどに扱い商品分野を拡大しながら急成長し、書籍・ソフトリユースビジネスの代表的な存在となった。2021年5月期の売上高は935億円で、リユース店舗事業が724億円と、その大半を占める。扱い商品では本類が33.4%、DVD・ゲームなどソフト類が28.9%と半分以上を占める。並行して、買取サービスの新業態hug all、宝石リペア・リフォームを行うaidectを百貨店に展開して、ブックオフとの接点がない富裕層の取り込みを進めている。マレーシアなどへの海外展開と併せて、ブックオフ事業を基盤とした今後の成長戦略を描く。アプリを通じた検索・購入・受け取りの利便性向上、クーポン発行などデジタル対応も怠りなく、ECでの「当たり前」をリユース市場でも実現して、会員数は2021年5月末で300万人を突破した。今後、アプリ会員の15%で売上高の3分の1を占める状態を目指すという。

書籍の電子化、消費行動のデジタルシフトといった大きな潮流の中、書籍関連のビジネスには、事業構造の見直し、柔軟な未来予想図の作成など、守りと攻めの両面においてこれまでにない発想が求められそうだ。

両社概要

丸善CHIホールディングス

設立 2010年(1869年 丸屋商社創業)
所在地 東京都新宿区
代表 松尾 英介(代表取締役社長)
資本金 30億円
従業員数 1, 562名(連結、2021年1月)
主な事業会社 ●丸善雄松堂(書籍・雑誌・文具等の販売 など)
●図書館流通センター(書誌情報データベース作成 など)
●丸善ジュンク堂書店(内外図書・雑誌・文具等の販売 など)
●丸善出版(出版 など)
● hontoブックサービス(通信ネットワークによる情報提供 など)
事業内容 ●文教市場販売 (大学、公共図書館等への書籍販売 など)
●店舗・ネット販売(店舗での書籍・文具等販売、
 情報提供サービス など)
●図書館サポート(公共図書館、大学図書館等の運営受託、
 指定管理者制度による図書館運営 など)
●出版(学術専門書、児童図書等の出版 など)
●その他(書店等の店舗設備設計・施工 など)

出典:ホームページ、有価証券報告書(第11期)他

 

ブックオフグループホールディングス

設立 2018年(1991年 ブックオフコーポレーション設立)
所在地 神奈川県相模原市
代表 堀内 康隆(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 1, 460名/パートアルバイト12, 218名(連結、2021年5月)
主な事業会社 ●ブックオフコーポレーション(書籍、パッケージメディア、 アパレル等総合リユース事業の運営)
●ブックレット(中古本、DVD 等の販売・買取)
●ジュエリーアセットマネジャーズ(ジュエリーオーダー/
 リフォーム店ai dect 運営)など
事業内容 ●国内ブックオフ事業
- ブックオフ単独店
- ブックオフ複合店
  (BOOK OFF SUPER BAZAR、BOOK OFF PLUS)
●ネット販売
●富裕層向け事業(hug all、ai dect)
●海外事業

出典:ホームページ他

 

<h2両社のキーナンバー

丸善CHIホールディングス

出典:C HI創生研究所、図書館流通センター ホームページ

 

ブックオフグループホールディングス

出典:2021年5月期BOOKOFF GROUP REPORT 他

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り12%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。