農業と地域交通をテーマに設定 小諸市におけるプロジェクト研究

事業構想大学院大学とカクイチ、小諸市は、地域課題解決を目指した事業構想プロジェクト研究を実施した。農業振興とMaaSという研究テーマに、様々なバックグラウンドを持つ研究員が市内外から参加した。担当教員の視点から、小諸市での取組の内容と成果を振り返る。

小諸市の地形上、中山間地の小規模農家が多いため、後継者不足などの課題も多い

事業構想プロジェクト研究の概要

今回の研究では、構想の目的となるテーマとして、小諸市の地域課題であり、カクイチの事業とも関係の深い「農業振興事業」と「MaaS事業(地域交通事業)」の2つを、関係者の協議のもと設定した。

そして、市内外の官民様々な主体から参加した研究員を、「農業チーム」と「MaaSチーム」の2つに分け、チーム毎に1つずつ、研究員が協力し合いながら事業構想を進めた。

具体的なカリキュラムは、事業構想大学院大学の事業構想サイクルを基本とし、(1)各テーマに対する各研究員の気づき・問題意識の共有と情報収集(2)事業で目指すべき理想と実現したいビジョンの設定(3)解決すべき課題や顧客等の探索(4)事業アイデアの創造(5)フレームワークでのバリュープロポジションやビジネスモデルの検討(6)事業構想計画書の作成(7)小諸市長やカクイチ社長への最終発表、とした。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。