問診のデジタル化で、カルテの記載時間が1/30に

病院で患者が記入する「問診票」。患者が紙の問診票に書き込んだ事項は、医師の診察前にカルテへ転記するというひと手間が発生している。「問診」を切り口に医療現場のデジタル化を進める動きを追う。

吉永 和貴(フリクシー CEO/医師)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り96%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。