2020年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 埼玉県

数字で見る埼玉県 川の面積日本一 商業・製造業で首都を支える

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

首都圏の一角を占める埼玉県は、少子高齢社会において人口が増えている県の1つだ。東京に通勤・通学する人のベッドタウンであり、大消費地を支える商業の基盤でもある。西部の秩父地域では、豊富な自然と文化遺産を生かす観光業の強化が進む。

埼玉県の人口の自然増減・社会増減

埼玉県の人口は2019年11月1日現在で733万9129人と、全国5位。少子高齢化に伴う自然減を、他県からの転入など社会増が補う形で人口が増加している。

出典:RESAS

 

日本人滞在人口の
居住都道府県別割合

休日14時に埼玉県に滞在した県外居住者の月間平均値のランキング。約半分が東京都からの訪問者で、埼玉県と東京都のつながりの強さを示している。

出典:福島県観光交流課

 

埼玉県の産業

埼玉県の製造業を出荷額ベースで見ると、輸送用機械、食料品、化学の順に多い。事業所数・従業員数ともに卸売業・小売業や医療・福祉、宿泊・飲食サービスが占める割合が大きく、サービス業が強い県でもある。

産業大分類別に見た売上高(2016年、上位5産業)

出典:RESAS

産業大分類別に見た事業所割合と従業者割合(2016年、上位5産業)

出典:RESAS

 

残り-4%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中