2018年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

シティプロモーション研究会

ワイン、荒海にジオパーク 下北半島の資源を生かした戦略を検討

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

自治体の情報発信の理想形を、複数の自治体と企業が議論するシティプロモーション研究会。研究員が青森県むつ市を訪問し、2日間のフィールドワークを実施した。下北半島の自然環境と海の恵みなどを活用し、住民と観光客のそれぞれにアピールする戦略を探った。

サンマモルワイナリーは現在、自社の10ヘクタールのブドウ畑で生産したブドウを使ってワインを醸造している

地域の理想の未来を作り上げるために、貢献できるシティプロモーションとはどんなものか。事業構想大学院が主催し、3自治体・3企業が参加しているシティプロモーション研究会は、フィールドワークを開始した。最初の訪問先は、青森県むつ市。下北半島の中心都市となる同市では、「広域連携による観光プロモーション」を研究の中心テーマにしたいと考えている。

むつ市でのフィールドワークは2日にわたって実施し、1日目は同市の観光プロモーションで目玉になりうる候補事業を視察した。訪問したのは、サンマモルワイナリー、北の防人大湊ボランティアガイド、下北ジオパーク、海峡ロデオ大畑/イカす大畑カダル団、北彩漁業生産組合の5カ所だ。その後、合計5時間以上のディスカッションをし、むつ市のプロモーションの方向性を探った。

むつ市のプラザホテルむつで、研究員が2日で5時間以上、プロモーション戦略をディスカッションした

残り77%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる