2018年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 秋田県

秋田でプロバスケ参入、全国屈指の人気に ゼロから始まった挑戦

水野 勇気(秋田ノーザンハピネッツ 代表取締役社長)

1
​ ​ ​

プロバスケットボールのBリーグにおいて、高い集客力を誇り、リーグ屈指の熱いファンを持つ秋田ノーザンハピネッツ。「プロスポーツ不在」だった秋田で、なぜ人気クラブが育ったのか。

秋田ノーザンハピネッツは、プロバスケットボールが「アリーナ・エンターテインメント」であることを重視し、会場の演出にも力を入れている

「秋田」「スポーツ」という言葉で、何をイメージするだろう? 特に思い浮かばないという人も多いかもしれない。しかし、同じ質問を秋田県民にしたなら、この回答が増えるはずだ。「秋田ノーザンハピネッツ」。

秋田ノーザンハピネッツは、プロバスケットボールリーグ・Bリーグ屈指の人気クラブだ。Bリーグが開幕した2016-17シーズンは成績不振でB2降格に終わったものの、平均観客動員数は3087人でリーグ4位につけた。

今年5月に終幕した2017-18シーズンは、開幕戦で4165人を集客。B1昇格を決めたセミファイナル第2戦は、クラブ歴代最多となる4909人が詰めかけた。B2のシーズンながら、平均観客動員数は前年比で1割未満の減少にとどめている。

特筆されるのがファンの熱さだ。チームカラーであるピンクのグッズを身にまとった来場者が、熱狂的な応援を繰り広げる。

なぜ秋田ノーザンハピネッツは、県民からの支持を得ることができたのか。学生時代からチームの設立に動き回り、2009年1月に秋田プロバスケットボールクラブを発足させ、若干26歳でクラブの社長に就いたのが水野勇気氏だ。

むしろ「できない理由」がない

水野社長は東京都杉並区出身。秋田との縁は、高校卒業後、アメリカ留学を経て秋田市内にできたばかりの公立校・国際教養大学(AIU)に入学して始まった。

水野 勇気(秋田ノーザンハピネッツ 代表取締役社長)

大学在学中は、オーストラリアのグリフィス大学にも1年留学。アメリカとオーストラリアで見た様々なプロスポーツに刺激を受けて、自身でもプロバスケのクラブを創設することを思い立ったという。

水野社長は、2007年に発足した「秋田プロバスケットボールチーム設立検討委員会」のメンバーとして、Bリーグの前身であるbjリーグの加盟に向けて動き始めた。後ろ盾や特別な人脈もなく、「秋田にプロチームなんてできるわけがない」と言われることもあったが、意に介さなかったという。

残り71%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる