2018年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

現代イノベーション考

マネーフォワード辻CEOが語る「起業家の見えている世界」

辻 庸介(マネーフォワード 代表取締役社長CEO)

0
​ ​ ​

日本のフィンテックを代表するベンチャー企業、マネーフォワード。2017年9月に上場を果たし、次々に新サービスを打ち出している。辻庸介CEOに新規事業創出の戦略、自社の向かう先について話を聞いた。

辻 庸介(マネーフォワード 代表取締役社長CEO)

――自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』の利用者数は600万人を突破し、家計簿アプリでシェア1位です。他社の家計簿アプリもある中で、『マネーフォワード』が伸びている要因について、どう見ていますか。

辻 家計簿アプリとして、いち早くスタートしたことで、ファースト・ムーバー・アドバンテージ(先発優位)を得られました。

CEOとは「チーフ・エブリシング・オフィサー」でもあり、あらゆる領域をカバーしながら、フェーズによって私の役割は変わってきます。リリース当初はプロダクト開発が中心で、その後、マーケティングを重視するフェーズに移りました。各フェーズにおいて、成長には何が必要なのかを考え、そこに集中してきたんです。

この1~2年は、調達した資金をもとに、テレビCM等を積極的に展開しています。そうした打ち手の早さが、シェア1位につながったと思います。現状は営業損益が赤字ですが、広告宣伝費などを先行投資としています。

家計簿アプリ『マネーフォワード』。理想の家計と自分の支出を比較することもできる

また、サービス設計は、ユーザーの声を聞きながら愚直に改善を続けています。『マネーフォワード』は、銀行や証券会社、クレジットカード、年金などの口座情報と連携し、出入金を食費や光熱費、住宅などのカテゴリに自動で分類して、家計簿を作成します。2650以上の金融関連サービスと連携しており、その対応数もナンバー1です。

そのほか、ユーザーの家族構成や収入、居住エリアの家賃相場など、似た属性の家計データと照合し、「理想の家計」を提示して、自身の節約ポイントが一目でわかる機能も備えています。

米国のアプリ分析大手が発表したレポートでは、2017年の日本におけるファイナンス系アプリのMAU(月間利用者数)は、1位が『楽天カード』、2位が『三菱UFJ銀行』、3位が『マネーフォワード』。家計簿アプリとして、トップのアクティブ・ユーザー数を誇ります。

現在、600万人の利用者のうち、有料会員は13万人。その数値も、まだまだ引き上げられる余地があります。

残り78%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる