2018年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 千葉県

空き店舗を活用し、人生100年時代のコミュニティを創る

鮫島 真弓(全国障害学習まちづくり協会理事/KOKO店主)

2
​ ​ ​

空き資源をコミュニティ形成の場として活かそうとする取り組みが、全国各地で行われている。そのような中、千葉県酒々井町にて、外部人材が空き店舗を活用して立ち上げたコミュニティ施設「KOKO」は、オープンから1年も経たずに地域住民のたまり場として定着し、注目を集めている。

鮫島真弓 全国障害学習まちづくり協会理事/KOKO店主

千葉県の北部中央に位置する酒々井町は、人口約2万人。数十万人が訪れるアウトレットがあることでも知られている。しかし、町中の賑わいが寂しく、地域住民の高齢化が深刻化していることが問題となっている。全国生涯学習まちづくり協会理事の鮫島真弓氏は地域のポテンシャルをいかすことで、この問題を解決できると考え、約1年前に空き店舗だった場所を活用したコミュニティ施設「KOKO」をオープンした。

「高齢者や障がい者、社会的弱者にも目を向け、偏見のない、みんなが支えていける場所を酒々井町に創りたいという想いで『KOKO』を運営しています。整骨院や歯医者の帰りがけや散歩の途中などに地域の人々に気軽に立ち寄っていだけており、1日20名~30名の方にお越しいただいています」

「KOKO」では1杯100円でコーヒーを提供し、また地域住民による手作りの革製品やアクセサリーなどの商品、家庭菜園で作りすぎてしまった野菜を販売している。コーヒーはテレビ番組で見つけた静岡県のコーヒー専門店から取り寄せし、手作り商品も鮫島氏自ら販売基準を満たしているか審査を行うなど、クオリティーに拘っている。

「ここはみんなの居場所だったので、まず、飲み物を飲みながらお話をできるようにしました。コーヒーも近所のお店やスーパーで購入すれば済みます。しかし、たった100円でも美味しいと言っていただけるよう、拘ったものを提供しています。手作り商品も非常に丁寧に作られていて、安いとおっしゃっていただけています」と鮫島氏は話す。

残り54%

2
​ ​ ​

バックナンバー


メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる