スポーツ庁鈴木大地長官が語る スポーツを通じた地域活性化

地方創生が推進される中、2020年東京オリンピック・パラリンピックとまちづくりを紐づけ、スポーツを通じて地域を活性化させる取り組みが全国で行われている。

鈴木 大地(スポーツ庁長官)

5月17日、地域活性学会スポーツ振興部会が主催する「ホストタウンによる地域活性化シンポジウム」が開催され、450名を上回る参加者を集めた会の冒頭では、スポーツ庁の鈴木大地長官より特別講演が行われた。

「スポーツには人を動かす『チカラ』があり、その『チカラ』を活かして地方を元気にします。今まで日本のスポーツは体育から来ていました。これからのスポーツは、教育としての体育は残しますが、スポーツのみではやっていきません。スポーツの語源はラテン語のdeportare、つまり気晴らしや楽しみです。このような要素を、景観・環境・文化などの地域資源に掛け合わせ、地域・経済の活性化を行います」

鈴木長官は、スポーツと地域活性化の事例として、3つの地域の紹介を行った。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。