高級バッグシェアリング「LAXUS」 継続率95%の理由

ファッション分野でシェアリングビジネスが急成長している。その代表格が、高級ブランドバッグのシェアリングサービス『ラクサス』。「買う」ではなく「借りる」という選択肢の提供が、女性の支持に繋がった。

『LAXUS(ラクサス)』はブランドバッグを「買う」だけでなく「借りる」という選択肢を増やした(写真はイメージ)

2年で有料会員1万2000人

車、家、オフィス、洋服、個人のスキルなどさまざまな分野で拡がっているシェアリングエコノミー。総務省の資料によると、2013年に約150億ドルだった市場規模は、25年に約3,350億ドルにまで達する見込みだ。

Uber、Airbnbなど主にアメリカの企業が主流を占めるなかで、注目を集めている日本の企業がある。広島に本社を置くベンチャー、ラクサス・テクノロジーズ。

「月額6800円で1 万3000種類のバッグが借り放題」という高級ブランドバッグのシェアリングサービス『Laxus(ラクサス)』を手掛ける同社は、2015年2月のサービス開始から2年でアプリダウンロード30万件、有料会員1万2000人を獲得。この勢いに乗って、近いうちにニューヨーク、その後にパリ、ロンドンへの進出を計画しているという。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。