町家でアートイベント、社寺でコンサート 奈良の歴史資源活用術

社寺や古民家など、歴史的建築物のストックが全国トップクラスの奈良県。現在、県内各地でこうした資源を有効活用した観光イベントやまちづくりが進む。空き家対策や移住促進という面からも、参考になる取り組みが多い。

2011年にスタートした「町家の芸術祭 はならぁと」(同HPより)

町家の芸術祭 はならぁと

2011年にスタートした「町家の芸術祭 はならぁと」は、奈良県内の複数のまちを開催エリアとした、地域型の現代アートプロジェクト。

奈良県には魅力がある歴史的な町家・町並みが多く存在しているが、空き家の増加と老朽化の進行で、良好な景観が失われ地区の活性化・安全性が阻害されるという問題に直面している。同時に、少子高齢化や人口減少が進み、住民の当事者意識が希薄となりコミュニティが崩壊しつつある。

このような背景のもと、各地のまちづくり団体や行政が連携し、地域内外の交流促進や、地域住民の地域への誇り・愛着の醸成を目的に、「はならぁと」が始まった。このイベントをアーティスト・イン・レジデンスなど町家の利活用に繋げることも目指している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。