地方創生マーケティングの実例 エネルギーの地産地消モデル

東日本大震災を契機とした電力システム改革により、地域エネルギーを取り巻く事業性は著しく進歩した。地方自治体が発電を主体的に行う自治体PPSなど、地域にキャッシュフローをもたらすビジネスモデルが次々と育っている。その仕組みはどうなっているのだろうか?

バイオマス発電事業は地域経済への貢献度が太陽光発電などと比べて高い。写真は木質ペレット。(写真提供:銘健工業)

安倍政権が掲げる成長戦略における最も重要な柱が「地方創生」であることは論を待たない。すでに経常収支比率が95%以上に逼迫している自治体は100をはるかに超えており、徹底的なリバランシングを求められている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。