「思いつき」を事業化する 社内コミュニケーションの技法

ジャストアイデアがたくさん出ても、それを組織の中で育てて形にするには、適切なプロセスと議論が必要。特に、意思決定者と提案者の関係に焦点を当て、役割、コミュニケーションの方法について解説する。

部門横断で人を集めて新規事業を考えるワークショップを行うと、参加者のやる気も高く、アイデアも数百~数千は出ます。中には面白いアイデアもあり、その後、希望者が主体になって検討を進めて提案します。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。