「フィグラーレ マトリクスノート&コンセプトフローノート」 アイデアを視覚化!考えるきっかけを作るノート

備忘録としての役割だけでなく、考えるきっかけになるノートを―。そんな想いから、これまでにない2冊のノートが開発された。「思考を整理する」「構想を練る」をテーマにしたデザインが特徴だ。

ビジネスパーソンがノートを開くとき、その用途として多いのは何か既に起きた事実、あるいはこれから予定していることを忘れないために記録するという、備忘録的な使い方だろう。

そうではなく、アイデアを考えたり、ビジネスの戦略をまとめたりするためにデザインされたのが、文具メーカーのアピカが開発した「フィグラーレ マトリクスノート」と「フィグラーレ コンセプトフローノート」だ。

このノートを開発した企画管理本部商品開発部に所属する小松美菜子さんは、「考えるきっかけを作るようなノートにしたかった」と振り返る。

この2つのノートには、それぞれ役割がある。マトリクスノートの特徴は、思考を整理するために紙面のデザインが予め四分割されていること。

「ビジネス誌やビジネス書を読むと、4つの枠を利用して考えを整理する方法(マトリクス表など)を提案しているものが多かったのです。それならば、最初から四分割された紙面で、思考の整理に使えるようなノートがあれば良いのではと考えました。また、ビジネス誌などを調べるまで、私はこの四分割の思考法を知らなかったので、自分と同じようにこの手法を知らない人にも提案したいと思いました。そのため、使用方法や使用例をインデックスに掲載しています」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り57%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。