創業時に培った販売網と商品開発力 積極M&Aで野菜を使った総菜開発

スーパーのキムチ売場でひと際目立つ黒いパッケージ。

(上)ご飯がススムキムチ
(中)ご飯がススムキムチ辛口
(下)叙々苑ポギキムチ

3年前に発売された「ご飯がススムキムチ」シリーズの人気がうなぎ登り。製造しているのはピックルスコーポレーションだ。

今期の売上高は239億円で、前期比11%増収の見通しだ。うち7割がスーパー、2割がコンビニ、残り1割は外食産業向け。中でも「ご飯がススムキムチ」シリーズは主力商品で、最近では新たなキムチファン獲得を狙い、ピザーラや川越達也シェフとのコラボレーションキムチを積極投入している。発売開始と同時に話題を集め、全国のスーパーに販売を拡大中だ。その供給体制が可能なのは、自社工場と物流管理センター、合弁会社のネットワークが全国カバーされているからである。体制が強化された背景には、創業当時に取引していたセブン・イレブンの出店戦略がある。

コンビニ商品サイクル対応で磨かれた開発力

ピックルスコーポレーション
荻野芳朗 代表取締役社長

「その頃弊社が出荷していた商品は主に浅漬けで、新鮮なまま店頭に並べることが大前提でした。セブン・イレブンが出店したエリア内に工場を設置している内に、全国カバーされていき販売網のネットワーク強化につながりました」。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り50%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。